現場ベースのネットワークとはSite base

医療における現場ベースのネットワークにおいては人的な物と機械的な物と2つに大別されます。 まず人的な方を考えると、医療は人や動物の命にかかってくることからミスが許されない物として見なされます。このことから仕事では常に誰がどの仕事に順次しているか、どこで何の仕事をしているか、そして休憩時間中も場所を明確にしておく必要があります。このことから現場ベースで見ていくとハードな現場が伺えます。そして、少しでも現場の状態を軽減する方法としては一つ一つの作業を定常業務化していくことが挙げられます。定常業務化にしていくことで、一つのストレスフリーな状態で短時間で片付けられるメリットがあるからです。以上のことから人的な現場ベースでは一つ一つの作業を定常業務化していくことが求められていることが分かります。 次に機械的なネットワークを考えてみると、医療は仕事を行っていくに当たり様々な医療機器をしようしていることが挙げられます。医療機器を使用していくにあたり、いつ誰が使用したのかを明確にすることが現場ベースでは求められます。また、常に清潔を保っておくことが大事です。万が一汚れがついた状態で使用したことによって、患者に悪影響を及ぼしたら現場ベースの責任になってしまうことから、常に清潔を保ちいつでも使用出来る状態にしておく必要があります。このようにいつ誰が使用したのか明確にしておくことで、機械で不備や分からない点が見つかった場合はその人に聞くことが出来ること。清潔にしておくとで患者に悪影響を及ぼさないことなどが日々のネットワークから作り出していくことが出来ます。 人的な面、機械的な面から見ても日々の現場ベースの業務からは定常業務化していく必要があり、更にいつだれがどの機械を使用したか、更には誰がどこで何をしているかを全員で把握していくことがミスが許されない医療の現場ベースでは大事なことであり、今後とも求められることであります。

専門外でも対応できるように

病院には常に何科の専門医でもいるわけではありません。 たとえば夜間に耐え難いほどの背部痛になったときにその症状は何から・・・詳細はこちらから