専門外でも対応できるようにProfessional outside

病院には常に何科の専門医でもいるわけではありません。 たとえば夜間に耐え難いほどの背部痛になったときにその症状は何から生じているのでしょうか。胆嚢炎・尿管結石・腰椎ヘルニアいろいろな病気がその原因になり得ます。そのため、どんなタイミングでも専門医の診察を求めることは不可能であり、当番医による専門外の診察対応をお願いすることは多々あるでしょう。勤務医がすくなってきていると叫ばれる昨今ではよりこういった状況は増えてくるのではないかと考えられます。 ただし、専門外であるから診察が出来ないでは困りますので、しっかりと厚生労働省は現場に働きかけ、研修医というカテゴリーを設立したのだと思います。研修医のうちは様々な科を1ヶ月程度研修し全科の知識や経験を得て、各科の専門医との医療の現場のネットワークを構築していきます。これにより、救急的な対応において専門外のことも必要に応じて診療治療をすることができ、必要にあわせて専門病院へと搬送を決断できるのです。現場ではこのようなネットワークによって成り立っているのです。