医師不足が起こらないようにLack of a doctor

現代社会が安心して生活が出来る環境に維持されている背景には、どのような地域においても最低限の医療が整備されているという環境があるという事実が重要な要素として挙げられます。日本は島国ですので離島もあれば過疎地もありますが、どのようなエリアであっても地方自治体の管理によって全く医師の存在しないエリアが生まれない様に調整が図られています。 現在では全国で医師が養成されており、医師不足の解消に向けて動いてはいますが、医師不足が起こらない様にするためにはまだまだ人数不足であるという現実があります。かつてに比べて医学の世界はより広く深くなるようになりました。そのため専門性の細分化に伴って何でも見ることが出来た町医者の様なポジションで診療に当たる医師の数は中々増加していかないという状況にあります。医師不足が起こらない様に医師を増やす行動を継続していても、現実的にはこの様な専門分野の広がりが医師の必要人数を高めてしまっているのです。そのため、状況の改善にはより長い時間が必要になるでしょう。 医師不足が起こらない様にするための対策には様々なものが必要になります。現在ではどうしても多くの医師が集まり経験が積める都市部に集中する傾向が強く、地域医療に専念しようとする医師の数は減少傾向にあります。地域医療では一人の医師が非常に広範囲の怪我や病気を診る必要に迫られるため、その対応が非常に大変であるというのが問題になっています。現代の医学の専門性の細分化により何でも診ることのできる医師の育成が難しくなってきたということができるでしょう。 以上のことから医師不足が起こらない様にするためには、現代の専門化が著しい医療の現実に沿った医師の育成数の数の調整と一緒に専門性にとらわれずに広く浅く診療を行うことができる医師の育成が必要であると言えるでしょう。どのような医師でも都市部の恵まれた環境での勤務を望むような習慣から脱することが出来るように考慮する必要があるのです。

過疎地には医療機関さえも

最近、日本では地方消滅という言葉が話題となっています。我が国では少子高齢化が進み、特に地方で人口が減って・・・詳細はこちらから