過疎地には医療機関さえもUnder-populated area

最近、日本では地方消滅という言葉が話題となっています。我が国では少子高齢化が進み、特に地方で人口が減って、町などが消滅してしまうのではないか、と指摘されているのです。 それほど地方の過疎地も増えていますし、過疎化が進めば住民が住みにくくなり、さらに過疎地が増えてしまうという悪循環も起きてしまいます。 住民にとって必要不可欠なのが、頼りになる病院などの医療機関です。病気になった時に医療機関がなければ、治療も受けられませんし相談もできません。これはとても心細いものです。 特に過疎地では高齢化が進んでいますから、重大で緊急を要する病気になってしまう方も少なくありません。その際に近くに病院がなければ、遠くまで救急車で搬送しなければならず、容態を悪化させてしまう危険性もあります。 こういった問題を解決するのはとても大変なことですが、その一つとしてコンパクトシティーという概念が提唱されています。ある地域に役所や病院などを集めるという考えです。