ITが変革をもたらすIT reforms

IT技術の革新により、様々な分野で変革が起こっています。医療もまた、例外ではありません。 医療の世界のIT化の身近なところでは、電子カルテの普及があります。電子カルテの普及により情報の共有化が図れ、病院におけるチーム医療が加速したことは否めません。遠隔医療では、テレサージェリーといって、ロボットなどを活用し、遠隔操作により手術をするというものも出てきました。これにより医師の技術面のカバーだけでなく、感染症防止への期待も高まってきました。 このようなITの変革は専門職のものだけではありません。スマホを使った電子お薬手帳は患者にとってもとても便利なものです。薬の飲み忘れ防止のアラームがついていたり、医療機関にかかるときも、専門的な情報は電子お薬手帳を参照してもらえば伝えることができるからです。 実は、スマホを使ったIT技術は他にも考えられています。患者自身が保険証を持ち歩くのと同じように、自分の医療に関する記憶を持ち歩き、医療機関にスマホをかざすことで、その情報を医療機関が得られるというものです。専門的な内容は入っている医療情報を患者自身がかかる先々で提供することで診察がスムーズになったり、余計な検査をしなくて済むというメリットが考えられます。アイデアとして、この話があっても、実際に取り扱うためには障壁があります。 それは、医療情報がセンシティブなものであるということです。個人情報保護の観点から、医療現場のネットワークが情報漏えいにつながらない強固なものであるかどうか、慎重に扱う必要があります。先に述べたスマホをかざすと情報が得られるというものにしても、情報に制限をかけて提供できるのかどうかという問題もあります。現在の保険証にICチップのようなものをつけ、履歴がわかるようにしたらどうかという話もありましたが、プライバシーの問題から進展していません。 ネットワークの改善策を整えつつ、IT変革を図ることで、自宅の自室から医療機関にアクセスし、診察をしてもらうというようなことができるようになるかもしれません。

技術の指導を行うことに

医療の現場は国家資格を持った医療技術者の集団です。医療行為を行うスタッフは全て何らかの国家資格を持っているものですが ・・・詳細はこちらから