技術の指導を行うことにIT reforms

医療の現場は国家資格を持った医療技術者の集団です。医療行為を行うスタッフは全て何らかの国家資格を持っているものですが、資格を持っていることが技術の質を証明するものではなく、技術を行使して良いという意味でしかないということはあまり知られていません。そのため医療技術者は免許を得た後に指導を受けることで実際に役に立つ仕事を行うことができるようになります。 勿論学生時代に基礎的な訓練は受けているため、一通りのことを理解するだけの知識は備えています。しかしそれを生身の人間を相手に行うとなると少し事情が変わってくると言えるでしょう。この様な指導は病院などの医療機関内で相手の許可を得て行われることが一般的ですが、どうしても特定の病院だけでは学べる内容が偏ってしまうという問題があります。そのため、指導のために医療機関同士のネットワークを最大限に活用してより多くの研修の場を確保するということを行っているのです。