出身大学との関連しかHometown university

医師などのお仕事に就きたい方にとって、出身大学とかの事を大変気にされる方がきっと多いことと思います。実はこれには理由があって、医師の資格が国家資格であり、しかも医師国家試験を受験して合格しなければならないといった現実があるからです(医師法2条)。優秀な医療系の大学内にある医学部を出たほうがよいといった風潮が、どうもこの現在の医師国家試験の制度そのものにきっかけがある感じなので、これが医師を志す方々の希望を断念させる一因にもなっている感があるのかもしれません(医師法11条1号等)。しかし、こうしたおかしな風潮は必ずしも正しいとは限りません。優秀な出身大学にある医学部を出ているからといって、皆が皆、そこを出た出身者が必ず医師になっているとは断言出来ないからです。事実、優秀な出身大学を出た医師であったとしても、汚職や様々な不祥事に手を染めて医師資格を剥奪されたりしている者も少なくはありません。これはほんの一例ですが、このことをみてもいかに医師になる条件といったものについての間違った固定概念が世論に定着しているかがわかります。優秀な出身大学を出ているからこそ優秀な医師になれる...そういった考え方自体が間違いであると、あの有名な某医師の先生も話しておられます。これは医師に限らず、どうも様々な医療関連のお仕事や資格などへの先入観として、国家資格だから出身大学やそれとの関連ある学部も優秀でなければならないといった風潮が.、我が国日本では大変強い感じがします。国家資格だからこそ、それとの関連条件が皆が皆、すべて優秀でなくてはならない...必ずしもそういった考え方が正しいとは限らない事を、様々な彼等による不祥事などがこれを証明しています。真に、人の為に役に立つ医師とは必ずしも優秀で有名な出身大学や関連経歴などが必要なく関係無くてもよいのではないか...町医者などをされている医師の皆さんなどがそうです。

名医にたどり着くことは

名医にたどり着くことは難しくもあり、簡単でもあるとまず述べます。 自分が病気になったとき ・・・詳細はこちらから